一歩前へ

公開日: : なんでもないようなこと

2020年東京オリンピックパラリンピックイヤーの幕開けです。開幕まではこれまで以上にスポーツ報道が多くなることでしょう。

巷の新聞記事の約9割はネガティブな話題で、残り1割のポジティブな話題のほとんどはスポーツ記事だと言われています。私たちに元気を与えてくれるスポーツは、古くは昭和の高度成長期を支えた働く父親たちの活力になりました。プロ野球や大相撲など、強い相手に立ち向かう選手たちの姿に自分を投影して熱狂していた多くの父親がいました。昨年のラグビーワールドカップでも屈強な相手に立ち向かい、一歩でも前へと向かうラガーマンの活躍から多くの力をもらいました。

観戦しながら、壁が立ちはだかっても諦めてはいけない、また押し寄せてくる圧力も耐え忍び、練り上げた戦略を仕掛けることで道は開けてくるということを教えられました。ふと、フーレセラピー創設期のことを思い出していました。『フーレ』というフランス語には「歩幅」だけでなく、『前向きに進む・前進する』という意味もあります。

裏側でもう一つの物語がありました。ラグビーの町として名高い、岩手県釜石市の復興スタジアム完成記念試合で、世界に向けて力強い宣誓をした女子高校生の話です。

彼女の「私は釜石市が好きだ」で始まる『キックオフ宣言』は、小学3年生の時に被災した彼女の、世界中からの支援のおかげで学校生活を送ることができた、という気持ちが素直に込められていました。そして結びの言葉は「このスタジアムはたくさんの感謝を乗せて、いま未来へ向けて出港していく」でした。私は心が揺さぶられました。

私たちの仕事は、短期間でゴールへたどり着けるようなものではありません。お客様ひとり一人に感謝の気持ちと心のこもった施術を続けていくことでようやく一歩前に進むことができます。震災でゼロから再スタートを余儀なくされた釜石市の協会員の方は「震災ですべてを流されたけれど技術は残った」と新しい一歩を踏み出されています。私もフーレの立ち上げから今日まで携わってくださった方々に改めて感謝し、新しい一歩を踏み出す決意を強くしております。明るい話題をスポーツに任せておくのでなく、フーレの技術で多くの方々が癒されて、サロンが心のよりどころとなる憩いの場所になれば本望でございます。

フーレフーレ(2020)年を迎え、最後に仕事について、1995年の南アフリカ開催ラグビーワールドカップにおいて、南アフリカの優勝に寄与したネルソン・マンデラ大統領の言葉を紹介してご挨拶といたします。

『生きる上で最も偉大な栄光は、決して転ばないことにあるのではない。転ぶたびに起き上がり続けることにある』

本年も皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

関連記事

フーレ君 施術の巻

高山先生の側頭筋をフーレ!! なかなかの足さばきだと、高山先生よりお褒めの言葉をいただいたよう

記事を読む

男鹿半島 田沢湖

明日からの札幌体験説明会に向けて 新千歳空港に向かっています。 ・ 左下に見えるのは田沢湖で、

記事を読む

るんるん号

広島の太田川で見つけたワクワクしそうな名前のボート!!乗船すると、どんな楽しいことが待っているのでし

記事を読む

no image

マッサージ学校

マッサージ学校もいろいろと増えてまいりました。 検索するとたくさん出てきます。 ・ タイ式マッ

記事を読む

渋谷界隈

渋谷を訪れたのは何年ぶりの事でしょう。。。。ちょっとわくわくしました。デザイナーの山吉さんとの打ち合

記事を読む

謹賀新年

あけましておめでとうございます。皆様にとって、良い一年となりますようお祈り申し上げます。近所の夕刻風

記事を読む

権現岳登頂

先週、27年ぶりの登山に挑戦しました。山梨県の八ヶ岳にそびえる標高2,800メートルの権現岳です。(

記事を読む

羽田空港 到着便遅れ

本校での講習を終え、羽田へ向いましたが 到着便遅れで足止めです。 ターミナルの飛行機も少なくなっ

記事を読む

はっさく

実家にあった『はっさく』 ・ ウィキペディアでは、 ハッサク(八朔、学名:Citrus h

記事を読む

防府基地

自衛隊のエリート航空士が、訓練のために全国から集まってくるのが中央に広がる、この防府基地です。土曜日

記事を読む

  • 2021年9月
    « 8月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
PAGE TOP ↑