スポーツしているお子様のケアにも!!

公開日: : フーレはすごい, 健康のこと

2020年東京オリンピックに向け、段々と「健康」「運動」を題材にしたものが増えてまいりました。
実は2020年は「フーレ、フーレ」の年でもあります(笑)。
そのオリンピックを目指す選手のお力添えをされている卒業生様もいらっしゃいます。
この自国開催の東京オリンピック出場を目標にしたり、刺激をうけて競技に取り組むお子様も多いことでしょう。
ただし、真剣に競技に取り組めば取り組むだけリスクがあるのが”怪我”です。
フーレセラピーは受ける側の年齢層を選ばない為、お子様でも受けることは可能です。
実はこの前、うれしいお知らせが届きましたのでご紹介させていただきます。
お子様がオスグッドシュラッター病(サッカーやバスケットボールなどのスポーツをする小中高校生に多く見られる、膝の脛骨が出っ張って痛むという骨軟骨炎)という成長痛で悩まれていま
した
■当アカデミーお客様より
聞いてください!
高校一年生の息子に毎日欠かさず施術をしています。いつも数分で寝てしまいほとんど感想を聞いていませんでしたが、その息子が、自分の体の変化を気にする様になってきました。
昨夜11時半過ぎ、施術後に突然自分のひざを見て「あれ?ひざの骨が引っ込んできた~」とのことで、私もビックリするほどの変化でした! ハッキリわかるほど、オスグッドでボッコリと出ていた骨が引っ込んできています。
********************
~校長より~
「ひざ下の骨が引っ込んだ」のは、熱をもって腫れていた軟骨の炎症が収まったのでしょう。ひざ下の脛骨には大腿部の前側を通る大腿四頭筋の停止部がありますが、この停止部分が腫れてくるのです。私にも経験がありますが、ちょっと触れるだけで飛び上がるような痛みを感じます。これは成長期に激しい運動をすることで筋肉が短縮して、骨についている部分が引きはがそうになり炎症が起こるのです。完全に大人の骨になっていればいいのですが成長期の軟骨なので負担がかかってしまいます。それを和らげるためには大腿前側筋の技術で前側の筋肉の緊張を取ってください。オスグッドだけでなく、ほかの部位にも成長痛で痛みが出る場合があります。その時には痛みを感じる部分に付いている筋肉を探して、その筋肉の緊張を取ってあげてください。
********************
私自身も学生時代経験がありますが、怪我で休まなけらばならないことが一番苦痛でした。。。
学生の時のようにスポーツに打ち込める時間は有限ではありません。是非ともフーレセラピーをケアに選んでいただき、その方の競技人生により添えたら幸いでございます。

関連記事

no image

避難所や被災地での体のケアー(その1)

Normal 0 0 2 false false false EN-US JA X-N

記事を読む

no image

不眠症が解消

Foulee Therapie こりんの高橋さんから頂いた情報をご紹介します。いつもありがとうござい

記事を読む

no image

脳梗塞の方へ(1)

ビューティスリム受講中の竹内さんから頂いたメールをご紹介いたします。お友達のお母様が元気になられると

記事を読む

no image

看板娘はお母さん!!

本日の体験説明会でローズ香さんより受講生の方をご紹介をいただきました。ありがとうございます。こちらの

記事を読む

no image

感謝のことば

足指骨折後のフーレセラピーについて フーレセラピー クレア の本間 美佳子さんからご質問があり、ご返

記事を読む

仲良し3人組(高校の同級生)新宿店

新宿店からお客様情報です。仲のいい友人とのリラックスタイムは最高でしょうね。************

記事を読む

no image

セラピストが健康に!!

松江市鹿島町、フーレセラピールーム Dil Se ディルセの坂本さんからいただいたメールをご紹介

記事を読む

no image

セラピスト 口コミの輪

小豆島の楠さんからの追伸をメールをご紹介します。**************************

記事を読む

no image

妊娠報告

受講中の「ペンネームI」さんから頂いたメールをご紹介いたします。うれしい内容の心温まるメール、ありが

記事を読む

no image

フードセラピー

フードセラピー ってご存知でしたか? 先日の説明会に参加された方が、  フードセラピスト の資格

記事を読む

  • 2018年6月
    « 5月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
PAGE TOP ↑