<痛みの感覚>関連痛

公開日: : からだガッテン

「普段は右ひざの裏の辺りに痛みを感じていたのに、施術でそこを触れられても特に痛みはなく、普段痛みを意識していない足首辺りに触れられると痛かった」というお客様。このように自覚している所ではなく、別の場所を触れられると痛みを感じる場合は、『関連痛』といいます。

この場合はおそらく腓腹筋の疲労が考えられます。腓腹筋は膝関節上の太ももから踵につながる筋肉なので、足首の疲労を、つながっている筋肉を通して膝の裏辺りで感じたのでしょう。

『痛みの感覚』と『疲労』は別のものとお考えいただき、皆様はお客様の『感覚』に惑わされることなく、足裏で筋肉の疲労を感じ取ってください。この方の場合は痛みのある足首ではなく、膝上から痛みの手前までをほぐしてあげるといいでしょう。また腓腹筋の緊張は足裏が緊張することでの関連痛もあります。足裏筋の技術で足裏をほぐした後に腓腹筋(下腿部分)に触れると痛みが取れている場合もあります。

関連記事

no image

リンパ 腋下リンパ

Q. 昨日から2日連続でお見えになった方です。以前からの腰痛はよくなられた様ですが、今日の施術

記事を読む

no image

活性酸素

Q. ジャザサイズ(ダンスフィットネス)のインストラクターで週6日動いている方なのですが、 運動

記事を読む

no image

腕が痛い 手がしびれる テニス肘

Q. 腕をひねると痛くて、手がしびれてきたので病院に行ったところテニス肘と手根管症候群(しゅこんか

記事を読む

no image

脚の屈曲

  下肢内側筋を行うときの横向きの体勢で、 伸ばした脚の膝が曲がってしまうのはなぜでし

記事を読む

no image

首の動き

うつ伏せで首が横に向きづらい方もいらっしゃいますが、 これは首の回旋に関係する筋肉の緊張が考えられ

記事を読む

no image

生理中のフーレ

Q. 生理の時にフーレをうけるにあたって特に問題はないと伝えたのですが、 血流が良くなるから、生理

記事を読む

no image

顎関節症

授業中、側頭筋の技術を練習中に、 2センチくらいしか開かなかった口が 大きく開くようになった方が

記事を読む

no image

足首の内反と股関節外旋

Q. 一年前に右足首の靭帯を切り、仰向きで寝ると足先が伸びた状態で少し内側に曲がり、左脚は股関

記事を読む

no image

足先の冷え

以前に両脚の膝の手術をされたという方から下記のメールがサロンに届いたそうです。 ・

記事を読む

no image

頚肩腕症候群

Q. 腕が痛い、腕がしびれる、首がこる、肩が重いなどの症状を訴える方からお問い合わせがありまし

記事を読む

  • 2021年2月
    « 1月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
PAGE TOP ↑